QCT Rack Scale Designインフラストラクチャは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングなどのリソースをデータセンター間で独自にプールします。 この革新的なソリューションは、最新のIntel® Rack Scale Design(RSD)ソフトウェアフレームワークに基づいており、クラウドサービスプロバイダ(CSP)や通信事業者によるマルチテナントワークロードに最適です。

Rackgo Rは、独自に最適化されたラック・レベル管理ツールQCT System Manager(QSM) Premiumを含んだ完全なソリューションです。 Rackgo Rでは、リソースをシームレスに分離、プール、作成、分解して、ワークロードの変化に応じて同じデータセンター内でさまざまな利用要件をサポートすることできます。 ネットワークマッピングは、運用状態で作成されるため、ITチームは必要なリソースを可視化することができます。

Rackgo Rは、独自に最適化されたラック・レベル管理ツールQCT System Manager(QSM) Premiumを含んだ完全なソリューションです。 Rackgo Rでは、リソースをシームレスに分離、プール、作成、分解して、ワークロードの変化に応じて同じデータセンター内でさまざまな利用要件をサポートすることできます。 ネットワークマッピングは、運用状態で作成されるため、ITチームは必要なリソースを可視化することができます。

Simplified Platform Management


Disaggregate


Pool & Compose


OpenStackクラウドは、QCT RSDを活用することにより、QCT Pod Manager(PODM) を介することで動的な要件が行われるインフラストラクチャの手作業による設定ミスを減らし、時間のかかるデプロイメントタスクを高速化し、コンピューティングサービスを弾力的にスケールアウト、スケールインを展開することが出来るようになります。


Contact QCT Expert

Get more information about QCT Solutions!