Pave the way to 5G


qteclab-font-a

エンドユーザと通信事業者コアネットワーク間の重要なゲートウェイであるCentral Office(CO)は重要な役割を果たします。 革新的で強力な5Gの利用シーンの多くでは、ネットワークのどこからでもアプリケーションサービスを動的にプロビジョニングする必要があるため、Central Office(CO)を、独自ハードウェア中心の従来型インフラストラクチャから、ソフトウェア、ハードウェアが分離されたアーキテクチャーに基づく、オープンなハードウェアプラットフォームに移行する要件が通信事業者に課されています。

QCT次世代Central Office(NGCO)は、Central Officeに対応したコモデティベースのクラウドに対応した、次世代通信会社クラウドの要件に対する答えです。

Central Office Re-architected as a Datacenter (CORD)は、Open Networking Foundation (ONF)によるプロジェクトであり、通信事業者のCentral Officeを閉鎖的な専用ハードウェアからオープンでソフトウエアとハードウェアが分離されたアーキテクチャーに置き変える新たな設計となっています。CORDはSDN、NFV、クラウドの原理を組み合わせたエンドツーエンドのソリューションであり、データセンターの経済性とクラウドスタイルの俊敏性を実現します。

ONFとIntelのサポートにより、QCTは最新のIntel ®Xeon®スケーラブル・プロセッサーをベースとし、最新のCORD 5.0リリースで検証された、世界初の統合CORD Ready PODを構築しました。

Rackgo Rは、独自の最適化されたラック・レベル管理、QCT System Manager (QSM) Premiumとともに、最新のIntel® Rack Scale Design (Intel® RSD)をベースにした完全なソリューションです。 Rackgo Rの管理者は、リソースをシームレスに分離、プール、作成および分解して、ワークロードの変化に応じて同じデータセンター内のさまざまな利用要件をサポートできます。 ネットワークマッピングは動的に作成されて必要なリソースが視覚化されることで ITチームをサポートします。

QCT RSDの機能を活用することでOpenStackクラウドは、QCT Pod Manager (PODM) により、手動設定ミスを削減し、時間のかかるデプロイメントタスクを加速し、その結果、運用要件やビジネス要件に基づいたスケールアウトまたはスケールインするコンピューティングサービスを弾力的に運用することができます。

QCT QxStack NFV Infrastructure with Red Hat® OpenStack® Platform は、業界標準のETSI (European Telecommunications Standards Institute)NFVアーキテクチャーに準拠しており、ネットワークサービスプロバイダおよび通信サービスプロバイダ向けに最適化されたプラットフォームです。 QxStack NFV Infrastructure with Red Hat OpenStack Platformは、最新のIntelテクノロジを搭載したQCTのハードウェアプラットフォームを採用し、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageを統合することで、スケーラビリティと高可用性を実現しています。